革靴と自転車のメンテナンスをしながら思いついたこと

今日はいろいろメンテナンスをする日だった。 できごと 朝は革靴。 うちにはメンテナンス用品がたくさんあるのだが、正直どれをどういう順番で使えばいいのかまったくわからない。 昔はフルセットになったメンテナンスキットがあって、マニュアル通りにでき…

データベーススペシャリスト・ネットワークスペシャリストに合格した方法

2年前にデータベーススペシャリストの勉強をはじめたという記事を書いたが、、 www.k5trismegistus.me 特に問題もなく受かった。 また、2019秋の試験でネットワークスペシャリストもとれた。 IPAの高度情報処理技術者はこれで2つもっていることになる。 小論…

歳をとったときを想像する

年末年始、祖父母宅に行った。 祖父が新聞をみて、突然電話をかけはじめた。ちあきなおみという歌手のCDが発売されたという広告を見て、予約をしたかったんだそうだ。 翌日さっそく取りに行って、聞きはじめた。 ちあきなおみ ヒットメドレー PART1 この様子…

未来と芸術展@森美術館 をみてきた

森美術館で開催中の「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」に行ってきた。 www.mori.art.museum 今回は「未来と芸術」というタイトルだが、森美術館は「医学と芸術」「宇宙と芸術」などの「〇〇と芸術」シリーズを定期的に開催…

「スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け」

新年はじめの投稿ということで、新年すぐに見てきた「スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け」を見てきた。 総括すると、物語としては相変わらず破綻していたけど、見ている間おもしろかった。 www.k5trismegistus.me ↑ 「最後のジェダイ」…

2019年の振り返り

前年にたてた目標だが、 ニュース記事にのる しょぼいネットニュースでもよいので、自分のことをだれかに取り上げてもらうことを目標にする。自分で自分を紹介するんじゃなくてだれかに紹介されることを目標に。 海外出張にいく 仕事で海外にいきたい。ブロ…

オンライン英会話は、英語を学ぶと言うよりかは世界を知るために役に立つ。

オンライン英会話は、英語を学ぶと言うよりかは世界を知るために役に立つ。 自分が使っているのはDMM英会話であり、 3日に1回くらいのペースではあるが結構一応続いている。 www.k5trismegistus.me DMM英会話のメリットは講師の出身国が多い点 他オンライン…

ガラスの二重天井

マルタにいるときか帰ってきてからの話なのか、誰にいわれたのかすら覚えていないんだけど(女性だったということだけは確か)、ルーマニアで初対面のガイドと二人でドライブしたとかチュニジアで夜行列車に乗って弾丸旅行をしてきたとかいう話をしていたら、「…

ABCクッキングの体験に行ってきた

ABCクッキングの体験に行ってきた。 不思議だったのが、流し台が各調理台に併設されていない点。離れたところに集中的に設置されている。 このつくりのため、調理プロセスで流しを使うことが基本的にない。 体験レッスンだからなのかもしれないが、食材が結…

恐怖する身体 ステラークの試みからの着想

松岡正剛とドミニク・チェンの対話本、「謎床」を読んでいたら、ステラークのことがでてきた。 謎床: 思考が発酵する編集術作者:松岡 正剛,ドミニク チェン出版社/メーカー: 晶文社発売日: 2017/07/04メディア: 単行本 余談にはなるが、松岡正剛の凄さが僕に…

スターウォーズ アイデンティティーズ@寺田倉庫を見に行った

天王洲アイル、寺田倉庫で開催中のスターウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビジョンという展覧会を見に行った。 www.starwarsidentities.jp 僕がどれだけスターウォーズが好きか、過去の記事からなんとなくわかってくれると嬉しい。 www.k5trismegis…

ひさしぶりに文学を読んだ ミシェル・ウェルベックの「地図と領土」

最近はめっきり電子書籍派になってしまい、書店に行くこともなくなってしまっていた。 うちの近くから大きな書店といえば池袋か神保町かという感じだが、どちらもあまり行く機会が減ってしまい。 電子書籍ストアはある程度読みたい本がタイトル決まっていた…

ブロックチェーンとUtility3.0

最近ブロックチェーンは正面からコミットしているわけではなく、ニュースみたりしている程度。 今の仕事は電力関連なのだが、インフラの世界からブロックチェーンを眺めると、今まで見えてなかった価値が見えてきた。 分散化というのはブロックチェーンに限…

我が家の掃除機の歴史的弁証法

最近、コンパクトな掃除機が我が家にやってきた。 シャープ コードレススティッククリーナー ピンク EC-AR3S-P出版社/メーカー: シャープ(SHARP)メディア: ホーム&キッチンこの商品を含むブログを見る もともとうちにはMieleというドイツメーカーのばかでか…

アフリカはFAANG時代の先をゆく

www.k5trismegistus.me 前回の記事で、人間を人間らしくないことから解放するテクノロジーによってほとんどの人間は不要になってしまい、投資がされなくなるだろうということを書いた。つまり、基本的人権のような考え方が過去のものになるということだ。 そ…

ホモ・デウスを読み終わって

ようやくHomo Deusを読み終わった。 Homo Deus: A Brief History of Tomorrow作者: Yuval Noah Harari出版社/メーカー: Vintage発売日: 2017/03/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (4件) を見る 注目すべきなのは近代の「人間性」というものが…

今年もウィンタースポーツのシーズンがやってきた

今年の初め頃にスキーにいった人(むこうはスノボだったが)と今年も行きましょうということで会ってきた。 www.instagram.com その場にはウィンタースポーツをまったく嗜まない人もいたので、「何が面白いのか」という話になった。 そこで僕なりの答えを考え…

筋膜リリースという発明について

僕は体がとてもかたい。 というわけで、母親が心配してこういう本をくれた。 自分史上最高の柔軟性が手に入るストレッチ作者: 村山巧出版社/メーカー: かんき出版発売日: 2019/07/18メディア: 単行本この商品を含むブログを見る こういう本に要約も何もない…

久しぶりに秋葉原にいった感想

先週末、ネットワークスペシャリストの試験会場が秋葉原だったので休み時間に「ジャンク通り」を散策した。 主に「あきばお〜」とかあのへんである。 www.youtube.com そのへんは高校生のころから行きはじめ、学生時代はよく通っていたのだが大学院卒業・就…

読書がいいものだと気づいた朝

通勤途中、なるべく本を読むようにしている。 朝のほうは英語で重めの本を読み、夜の方は日本語で新書とかをというルーチン。後者の方は最近地政学系の本が多い。 興亡の世界史 ロシア・ロマノフ王朝の大地 (講談社学術文庫)作者: 土肥恒之出版社/メーカー: …

英語の勉強に英語で一人カラオケはおすすめです

最近、一人カラオケというのがおもしろいということに気づいた。 このときほぼ100%英語の歌を歌うようにしている。(一部、歌詞の意味がまったくわからないスペイン語のも歌う) (今現在の興味として、ダンサブルな音楽にしか惹かれないのでほとんど日本の音楽…

南半球からうる星やつらはどう見えるか?

ニュージーランドからの来客 昨日、努めている会社にニュージランドからお客さんがきた。今の会社はエネルギー産業に関連する会社なのだが、そのニュージランドの会社もそう。 自分の会社のメンバーと一緒にディナーを食べたあと、その人がホテルに帰る道と…

Google Home miniを車用スピーカーにしてみてFIAT 500のUconnectの微妙だった点を乗り越えた

久方ぶりに車についてです。 何ヶ月か前、Google One課金者全員にGoogle Home miniをプレゼントというキャンペーンがあった。 クルジュ=ナポカのショッピングモールでそのメールを見たのをはっきりと覚えているので3ヶ月ほど前だ。 しかしうちには対応家電も…

ドン・キホーテの復権

今もやってるのかは知らないが、ちょっと前NHKで「ドクターG」という番組があった。 ゲストの医師がなかなか病名が判明しなかった患者の病名を特定するまでの過程を再現ドラマにするのだが、スタジオには数人の医学生がいる。 そして、再現ドラマの要所要所…

攻めるためのインフラ産業とそこにある危機

Uber EATSを利用したことはあるだろうか。 わかりきったことだが一応振り返っておくと、自前で出前(ラップじゃないよ)サービスを持たない飲食店からフリーランスの配送員が料理を宅配してくれるというものである。 飲食店側は売上の一部を引かれるだけの従量…

カバンを新しく買った

財布とかバッグといった「小物」ってプレゼントによく使われるらしいけど、僕としては日々使うものでしかもモノによって使用感が全く異なるのであまりプレゼントには適さないんじゃないかと思う。 これまで、大学時代からずっとつかってきた汎用リュックを旅…

学問のすすめ

マルタの学校で知り合った人たちとは帰ってきてからも「同窓会」をやったりする。 そして思うのが、学校というコミュニティの特殊性である。 FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣作者: ハンス・ロスリ…

カタログギフトでよく見るH・L(アッシュエル)というブランドの正体は?調べてみました!

冠婚葬祭の引き出物といえば、カタログギフトが定番である。 送る側は価格さえ決めればあんまり頭を悩ませなくて良いし、もらう側も「これが今まさしく欲しかったんだ!!」ともらって超嬉しいものをもらえることはなくとも、タダだったらこれほしいなという…

東京はなぜ世界一の都市になれたのか

僕がこれまで訪れたことのある世界の都市は… 台北・ウィーン・プラハ・ブダペスト・香港・広州・無錫・蘇州・上海・マカオ・シアトル・シンガポール・イスタンブール・ベルリン・ミュンヘン・クルジュ=ナポカ・チュニス・ローマ といったところ。ザルツブル…

ヨーロッパの呪われた部分、ジプシー問題

ルーマニアという国の特徴のひとつがヨーロッパ1ジプシーが多いということ。 www.k5trismegistus.me ちなみに、日本だとジプシーは差別語だから使ってはいけません、ロマという言葉を使いましょうということになっているが、両者には意味として隔たりがある…